てずくり

先日、久しぶりにお会いした赤木さんから手作りのジャムやジュースをいただいた。
赤木さんは食品の手作りはもちろん編み物や手芸そして写真も撮影される多才な方で旅はもちろんその土地での食べ物探しの達人、久しぶりにそんな話を楽しくさせていただいた。
ご持参下された「てずくり」食品の数々、ラベルも手作りでイラストも書かれている。
IMG_8837.jpg

であいもの

桜も散ってはや、たけのこの季節4月9日の朝、掘り立ての「タケノコ」をいただいた。
_R001394.jpg
早速、皮を剥き鍋に入れて1時間ゆがいた、掘り立てのタケノコは糠がいらないようだ。
_R001397.jpg
タケノコといえばやはり「筍ごはん」そして、葉がでまもない「木の芽」(サンショの若目)の組み合わせ、旬の食材の組み合わせを「であいもの」とゆうそうだ、期せずして出会いものを美味しくいただいた。
_R001401.jpg

さといも

今日から4月桜も開花して春真っ盛り。
昨日、久しぶりに清水農園での里芋の植え付けに、今回は新たに3人の助っ人が増え6人体制だったので植え付けは2時間そこそこで終わった。
里芋の生育は遅く11月ごろの収穫になる。
_R001335.jpg
畑のあちこちには、雑草(農業では雑草扱い)の「仏の座」が満開。
_R001345.jpg
そして、夏の楽しみ「ブルーベリー」の蕾がたくさんついて開花を待つばかり、美味しい実を沢山つけてほしいものだ。
_R001342.jpg

ふきのとう

先日、近所の方から蕗のとうをたくさんいただいた、蕗味噌を作ってこんにゃくの味噌田楽で食べたが旬の匂いとほろ苦い味が季節の味覚を感じさせてくれた。
二日ほど前、庭の掃除をしていたらふきのとうが2個出ていた、草取りだけで肥料もあげていないけれど季節になれば自然の営みが巡ってくる。
IMG_8524.jpg