感動の写真展

昨日、前から気になっていた写真展に行ってきた。
潮田登久子さんの「永遠のレッスン」あざみ野フォト・アニュアル2023として1月28日から2月26日まで開催されている。
場所は東急田園都市線の「あざみ野」駅から徒歩10分ほど「横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室(入場無料)作品は、潮田登久子さんの1964年に撮影された作品から現在までのモノクロ写真だが1つのテーマを克明に丁寧に撮影されて82歳の現在もまだ撮影されているようだ。
ギャラリーを入ると代表作の冷蔵庫の作品に圧倒される、その他の作品ごとも素晴らしいモノクロ作品だ。2018年に土門拳賞受賞
_R000109.jpg
駅からギャラリーに向かう坂道の途中には「河津桜」が2〜3分咲いていて風が冷たい日なのに写真展で心が満たされていたせいもあるが春遠からじの思いがした。
_R000113.jpg
posted by HIROちゃん at 18:07Comment(0)写真展

春の神代植物公園-1

日差しの暖かさが春めいて来て梅の季節となった。
梅といえばいつもは「府中の森」に行っていたが今年は神代植物公園の「うめ園」に行ってみた。この公園の中でも一番奥にある窪地のうめ園は周りの木々に囲まれて風が遮られてか暖かい。
早咲きの梅の花が咲いているのは1/3程だが手入れが行き届いた梅は撮影にはちょうどいい高さ。
神代植物公園の早咲きの梅を堪能した。
まずは、一重の「月影」。
_12A3973.jpg
ピンクの「八重松島」は枝にびっしりと花がつく種類。
_MG_1703.jpg
うめ園ではないが正門の近くには一重の「緑萼」(りょくがく)が咲き始めていて、神代植物公園のうめ園ではこれからが梅の見頃となる。
_MG_1949.jpg
posted by HIROちゃん at 10:00Comment(0)花写真

カルガモの昼寝

三寒四温とはよく言い当てた言葉だが春めいてくると暖かい陽気と寒い時が時々入れかわりぽかぽかと暖かい日も多くなってくる。
いつもの散歩コース「森林公園」でも梅の花も満開となり散策する人も多くなって来た。
_MG_1489.jpg
何個かある池の中ではカルガモがお昼寝?です。
_R000007.jpg

雪模様

昨日の雪は予想に反して朝から降り始めて昼過ぎからは雨に変わった、だが一時的に強く降ったため雪が残りこんな模様が見られた。
_MG_1492.jpg
posted by HIROちゃん at 11:26Comment(0)日記